おすすめの新しい電子タバコvape!加熱式タバコとの違いとは?


おすすめの新しい電子タバコvapeとは

電子タバコには色々な種類がありますが、その中でも次世代型電子タバコとしてvapeが注目されています。そもそもvapeとはどんな電子タバコかといえば、まずニコチンやタールを含んでいないという特徴があります。以前にタバコ型の商品で、メンソールなどの香りを吸い込むツールがありましたが、vapeはその一種の製品と考えても良いです。vapeでは香料を溶かしたリキッドを吸い込み、それで煙を発する仕組みです。海外ではリキッドの中にニコチンを入れて販売していますが、日本国内では規制がかかっているため、日本のvapeはニコチンが含まれていません。そのため、人によってはタバコというより、アロマ機器に近いというイメージを持つ人もいます。リキッドには様々なフレーバーがあるので、色々な香りを楽しめます。

加熱式タバコとの違いとは

加熱式タバコを使用している人の中には、vapeとの違いが良く分からないという人もいます。両者の大きな違いは、加熱する成分になります。加熱式タバコで使われるタバコスティックの中には、タバコ葉が含まれています。タバコ葉にグリセリンを含ませて、燃やさずに高熱で加熱させることでニコチンを含んだ蒸気を発生させます。その蒸気を吸い込むのが加熱式タバコの仕組みです。また、ニコチンだけではなく、少量のタールも発生することがあります。一方日本のvapeは香りを楽しむために発売されたタバコであすが、タバコ葉を使っていないことが大きな特徴です。そのため、ニコチンやタールが含まれずに、タバコ特有の臭いが発生しません。

電子タバコの初心者が初めてでも挑戦しやすいのが、vapeのおすすめ商品です。手入れのしやすさや煙の量に注意して選ぶことで、電子タバコを快適に楽しむことができます。

Related Post

Read More
Read More
Read More
Read More