電子タバコってなに?紙巻き煙草と違いを解説


電子タバコは聞いたことあるけど…

最近は禁煙の動きが強くなり、喫煙者にとって肩身の狭い思いをすることが多くなりました。周りへの配慮や健康を考えて禁煙した方もいると思います。そんな中、「Vape(ベイプ)」や「Vapor(ベイパー)」という言葉を耳にするようになりました。これは蒸気を意味するもので電子タバコのことを指します。リキッドと呼ばれる液体を電気加熱し、発生する蒸気を吸う嗜好品です。日本国内ではリキッドにニコチンを含まないものが一般的に流通しています。

紙巻き煙草との違いとリキッドの種類

電子タバコと紙巻き煙草の違いですが、紙巻き煙草は火を使用しタバコ葉を燃焼させることで発生した煙を吸います。ニコチンやタールといった成分が含まれ、昨今は受動喫煙や健康被害も叫ばれています。電子タバコはタバコ葉を使用せずリキッドを加熱するものです。ニコチンが添加されているリキッドもありますが、日本では薬事法に抵触するため製造・販売が禁止されています。個人の責任のもと輸入および使用することは可能です。ニコチンが含まれていないリキッドを使用する場合、ニコチンはもちろんですがタールといった有害物質も紙巻き煙草より少ないとされています。

リキッドには様々なフレーバーがあります。ストロベリーなどのフルーツ系やチョコレートなどのスイーツ系、他にもメンソールやドリンク系など多種多様です。自分にあったお好みのリキッドがあるかもしれません。これから禁煙を考えている方、周りから煙草をやめるように勧められている方は一度電子タバコを試してみるのはいかかでしょうか。

ニコチンリキッドというのは、電子タバコ用のリキッドにニコチンが添加されたものの名称です。なお、日本国内の店舗では販売されていないため、入手するとしたら個人輸入する必要があります。

Related Post

Read More
Read More
Read More
Read More