部分別、機械式腕時計のお手入れの方法とは


お手入れをする際の注意点

機械式腕時計は内部が複雑であるため、お手入れをする際には時計の本体部分とベルトの2つを中心にしましょう。まずフェイス部分である、文字盤の上にあるガラスやアクリルには、セーム革のクロスを使用して軽く磨きましょう。手垢などの簡単な汚れであれば、軽く磨くだけでも取る事ができます。もし、拭いても汚れが取れない場合でも、水ふきをする事は避けましょう。水がムーブメント内に浸入してしまうと故障の原因や錆の原因にもなります。もし、防水などの機能がついていても水を使用してお手入れをする事は避けた方がいいでしょう。パッキンの劣化などの原因で、内部に水が浸入してしまうケースもあります。お手入れをする際には乾いたクロスで丁寧に磨く事が重要です。

ベルトのお手入れについて

ベルトには、主に金属製のものと皮革の2種類が代表的なものとなります。金属製のベルトのものは、本体から外す際、ネジなどで固定されている場合もあるので、小さな部品などを無くさないように注意して外しましょう。本体からベルトを外したら、中性洗剤などで綺麗に汚れを落とします。もし、超音波洗浄機などが手元にある場合は、さらに汚れを綺麗に落とす事ができます。そして、本体にベルトを再度繋げる際には、必ずしっかりと乾かしてから繋げるようにしましょう。皮革性のものは、ベルトを外せるものと、専門家でないと外すのが困難なものなどがあります。基本的に皮革の場合には、洗剤や超音波洗浄機などは使用しません。デリケートクリームなどを使って、カビなどを防ぐ事が前提となります。また、金属製のものよりもデリケートであるため、ゆっくり慎重にお手入れをしましょう。

グランドセイコーは日本が誇る世界的な高級腕時計ブランドで、高性能である事とデザインがハイセンスである事が特徴です。

Related Post

Read More
Read More
Read More
Read More