そんなに魅力的?アンティーク家具の概要と魅力


アンティーク家具の魅力とは?

誰もがアンティーク家具を見たときに、美しいと思うのはその木材の質感と、木目なのではないでしょうか。アンティーク家具に使用されている材質としてはウォールナット材やローズウッド材など名前を聞いただけでもぜいたくな雰囲気がする木材が使用されています。特に、マホガニー材質は、ワシントン条約にて取引が制限されているため、とても貴重な木材なのです。現在の家具で使用されているマホガニー材質は、従来のマホガニーとは異なるため、本当のマホガニー材はアンティークでしか手に入らない貴重な木材です。また、ウォールナット材は、硬い特色を生かし現代ではダイニングテーブルなどに使用されています。しかし、現在のウォールナット材と比較すると、アンティーク家具の材質はかなり異なります。

アンティークの特徴とは

簡単に言うと、アンティークとはフランスやイギリスから買い付けられた1900年代前半~1970年代に作られた家具のことを言います。まだ、機械化されていない時代に作られたもので、人の手で手作りされたものが現代まで大切に使われてきたものが、アンティークです。一般的な取扱店では、アンティークを大切に扱って、きちんと使えるように修復しますが、新品ではないため、小さな傷や汚れがあります。そのような、小さな傷や汚れも一つの味わいとなるのです。これらの、小さな傷や汚れは人工的に作ることが不可能なのです。年月がたつことで、人の手による歴史が刻まれ、同じものが二つ生まれないと言うところとがアンティークの魅力です。

アンティーク家具の魅力は、造りの良さです。特に大量消費時代に入る前の1920年代頃までの家具は、長年使用する事を前提に作られているので、とてもしっかりしています。

Related Post

Read More
Read More
Read More
Read More